Bridesmaids Dresses

日本の伝統の結婚式!神前式と教会式は何が違う?

神前式は日本の伝統文化

神前式は神社に祭られている神様に対して、2人の結婚を報告するという形の結婚式になります。その起源は室町時代にまで遡り、武家の結婚式の一般的なスタイルとして用いられていました。当時は家同士のつながりを重視する傾向があったため、神前式を執り行うことで神様に結婚を報告するとともに家同士の繋がりを確かなものにするという意味が込められていたそうです。現代では家同士のつながりを重視するという意味はあまり見られなくなったものの、神様に結婚を報告することで夫婦円満を祈願するという意味が込められています。

ちなみに一般的な結婚式のスタイルとして認知されるようになったのは1900年頃で、当時の天皇家が天照大御神を祀る皇居の賢所で神前式を執り行ったことがきっかけだとされています。

神前式と教会式の違いについて

神前式と教会式は色々な点で異なっており、まず神前式は仏教や神道であるのに対して神前式はキリスト教である宗教の違いが明確です。またどちらの結婚式も神様に対して結婚を報告するという意味では同じであるものの、神前式はどちらかといえば新郎新婦よりも家の繋がりを重視しているところがポイントになります。それに対して教会式は新郎新婦の繋がりを大切にしている傾向があり、何を重視しているのかが異なっているという点も特徴です。ほかにも神前式では白無垢などの和装が基本となっているのに対して神前式はウエディングドレスなどの洋装が基本となっているなど、衣装の点でも大きな違いがあります。

神社や結婚式場・ホテルに設置されている神殿で神道にのっとって執り行う挙式を、神前式と呼びます。作法は、会場によって少しずつ変わります。